人気のルーフトップテラスで過ごす夜

singapore

  • 日本人バーテンダーが作る芸術的カクテルを味わう
  • 4階の隠れた扉からシンガポールのランドマークの頭上へ抜けてテラスバーへ
  • サテーを食べながら壮大な光のショーを楽しむ





カクテルと夜景を楽しみたいローカルたちが集うのが、エスプラネード・シアターの屋上にあるバー「オルゴ(Orgo)」。曲線形状が美しいエスプラネード・シアターは、トロピカルフルーツのドリアンに似ていることから「ドリアン」というニックネームで親しまれています。4階の隠れたバーの入り口をくぐると、日本人バーテンダーによる新鮮なパッションフルーツのマーティニ・カクテルと素晴らしい夜景を楽しめます。シンガポールで最も有名なランドマークの一つ「ドリアン」のとげとげした表面を間近から見られるのはここだけです。シンガポールの「DP Architects」と英国の「Michael Wilford & Partners」が手掛けたこのシアターは2002年に完成し、シンガポールの大胆な現代建築の一つに加わりました。マリーナ・ベイとそれを取り囲む摩天楼をユニークなアングルから眺められるだけでなく、植民地時代の建造物である旧最高裁判所庁舎のドーム屋根も見え、新旧の対照に息をのむことでしょう。コンラッド・シンガポールからは歩いて約12分ですが、近くのショッピングモール直結の地下通路を通ればエアコンが効いていて、涼しく快適です。平日は夜9時30分まで、週末は夜11時まで、マリーナ・ベイ・サンズの3つのタワーから放たれるレーザーライトによるショー(無料)を見ることができます。少しお腹がすいたら、外の屋台市場(ホーカーセンター)の隣にある「マカンスートラ・グラトンズ・ベイ(Makansutra Gluttons Bay)」でサテーの串焼きを食べてみてはいかがでしょうか





















どちらのお店もマリーナ・ベイ沿いで、近接しています。また、Raffles Avenue沿いで同じ住所です。Raffles AvenueとFullerton Roadの交差点を東方向に進むと、道沿いに「オルゴ(Orgo)」があり、シンガポール川側に「マカンスートラ・グラトンズ・ベイ(Makansutra Gluttons Bar)」があります。

​​​​ORGO: 所在地:8 Raffles Ave.,#04-01, 電話:+65-6336-9366, ホームページ:orgo.sg​​

​​
MAKANSUTRA GLUTTONS BAY: 所在地:8 Raffles Ave., #01-15, 電話:+65-6336-7025, ホームページ:makansutra.com












人気のルーフトップテラスで過ごす夜

人気のルーフトップテラスで過ごす夜

singapore

  • 日本人バーテンダーが作る芸術的カクテルを味わう
  • 4階の隠れた扉からシンガポールのランドマークの頭上へ抜けてテラスバーへ
  • サテーを食べながら壮大な光のショーを楽しむ





カクテルと夜景を楽しみたいローカルたちが集うのが、エスプラネード・シアターの屋上にあるバー「オルゴ(Orgo)」。曲線形状が美しいエスプラネード・シアターは、トロピカルフルーツのドリアンに似ていることから「ドリアン」というニックネームで親しまれています。4階の隠れたバーの入り口をくぐると、日本人バーテンダーによる新鮮なパッションフルーツのマーティニ・カクテルと素晴らしい夜景を楽しめます。シンガポールで最も有名なランドマークの一つ「ドリアン」のとげとげした表面を間近から見られるのはここだけです。シンガポールの「DP Architects」と英国の「Michael Wilford & Partners」が手掛けたこのシアターは2002年に完成し、シンガポールの大胆な現代建築の一つに加わりました。マリーナ・ベイとそれを取り囲む摩天楼をユニークなアングルから眺められるだけでなく、植民地時代の建造物である旧最高裁判所庁舎のドーム屋根も見え、新旧の対照に息をのむことでしょう。コンラッド・シンガポールからは歩いて約12分ですが、近くのショッピングモール直結の地下通路を通ればエアコンが効いていて、涼しく快適です。平日は夜9時30分まで、週末は夜11時まで、マリーナ・ベイ・サンズの3つのタワーから放たれるレーザーライトによるショー(無料)を見ることができます。少しお腹がすいたら、外の屋台市場(ホーカーセンター)の隣にある「マカンスートラ・グラトンズ・ベイ(Makansutra Gluttons Bay)」でサテーの串焼きを食べてみてはいかがでしょうか





















どちらのお店もマリーナ・ベイ沿いで、近接しています。また、Raffles Avenue沿いで同じ住所です。Raffles AvenueとFullerton Roadの交差点を東方向に進むと、道沿いに「オルゴ(Orgo)」があり、シンガポール川側に「マカンスートラ・グラトンズ・ベイ(Makansutra Gluttons Bar)」があります。

​​​​ORGO: 所在地:8 Raffles Ave.,#04-01, 電話:+65-6336-9366, ホームページ:orgo.sg​​

​​
MAKANSUTRA GLUTTONS BAY: 所在地:8 Raffles Ave., #01-15, 電話:+65-6336-7025, ホームページ:makansutra.com