歴史的なチャイナタウンの新たな一面を見つける

singapore

  • ブティックが並ぶカラフルなショップハウスが集まるエリアを歩く
  • 最新ファッションのジュエリー、アジアの新進デザイナー、リラックスしたビーチウェアを探す
  • シンガポールで最も洗練されたプラナカン料理やモダンなオーストラリアンバーベキューを楽しむ
  • 一風変わったバリ風のバーでウニのプリンとドリンクを楽しむ





チャイナタウンのメインストリート、Pagoda Street(宝塔街)は見逃せないスポットとは言えないかもしれませんが、Amoy StreetとClub Streetはカラフルなショップハウスのブティックが並び、要チェックです。通りをさまよい「Willow & Huxley」で世界中から集められたジュエリーやおしゃれなファッションをチェックしてください。オーストラリアブランドの「Staple」からデンマークのブランド「Baum Und Pferdgarten」まで全て揃っています(多少ですがメンズ用の品もあります)。通りを下った「Made by Lauren Jasmine」は、シンガポール人デザイナーHazelとLiyanaがパートナーを組んで手掛けたブティックカフェです。ホットコーヒーを飲みながら、素敵なワンピースを探してみてください。Club StreetにあるApsara Oswalの「Mythology」は、アジアの才能あふれる新鋭デザイナーが活躍できる舞台を提供するというコンセプトで、色や生地使いを強調したスタイルが揃っています。また「Ana」ではオーストラリアのイージーなビーチドレスが店の棚に並んでいます。ここはシンガポール、そしてチャイナタウンと言えば食事です。せっかくチャイナタウンに来たのですから、レストランやクラブ風のカクテルバーを訪れないのはもったいないでしょう。シンガポールで最も洗練されたプラナカン料理を味わえるのが「キャンドルナット(Candlenut)」。あるいは「バーント・エンズ(Burnt Ends)」で、オーストラリア出身のデビッド・ピント(David Pynt)シェフがリンゴとアーモンドの薪を使って調理した料理を試してみるのもいいでしょう。「バーント・エンズ(Burnt Ends)」では、燻製のウズラの卵や、子豚の丸焼きと骨髄のバンズなど、あらゆる食材がバーベキューされ、日替わりメニューが楽しめます。予約できる時間が限られていますので、待ち時間が長くなりそうだったら「ローラ(Lolla)」で絶品のウニプリンをいただくのもおすすめです。(次の日には、もっと食べたいと思うでしょう)その日の締めくくりに、目を引くような奇抜な店が集まる「ポテトヘッド・フォーク(Potato Head Folk)」の最上階でドリンクを楽しむのはいかがでしょうか。地元のひいきが集うバリ風のバーです。























Cross StreetとTelok Ayer Streetに向かい、そこからチャイナタウンの体験が始まります。まずは「Willow & Huxley」が現われ、さらに通りを下ると「Made by Lauren Jasmine」があります。1ブロック西のClub Streetにはおしゃれなブティックが並んでいます。さらに西に曲がると、このエリアで一番おしゃれなレストランやショップが集まっています。

WILLOW & HUXLEY: 所在地:20 Amoy St., 電話:+65-6220-1745, ホームページ:willowandhuxley.com

MADE BY LAUREN JASMINE: 所在地:47 Amoy St., 電話:+65-6423-0626, ホームページ:facebook.com/MadeByLaurenJasmine

MYTHOLOGY: 所在地:88 Club St., 電話:+65-6223-5570, ホームページ:my-thology.com

CANDLENUT: 所在地:331 New Bridge Rd., 電話: +65-8121-4107, ホームページ:candlenut.com.sg

BURNT ENDS: 所在地:20 Teck Lim Rd, 電話:+65-6224-3933, ホームページ:burntends.com.sg

LOLLA: 所在地:22 Ann Siang Rd. , 電話:+65-6423-1228, ホームページ:lolla.com.sg

POTATO HEAD FOLK: 所在地:36 Keong Saik Rd., 電話:+65-6327-1939, ホームページ:pttheadfolk.com














歴史的なチャイナタウンの新たな一面を見つける

歴史的なチャイナタウンの新たな一面を見つける

singapore

  • ブティックが並ぶカラフルなショップハウスが集まるエリアを歩く
  • 最新ファッションのジュエリー、アジアの新進デザイナー、リラックスしたビーチウェアを探す
  • シンガポールで最も洗練されたプラナカン料理やモダンなオーストラリアンバーベキューを楽しむ
  • 一風変わったバリ風のバーでウニのプリンとドリンクを楽しむ





チャイナタウンのメインストリート、Pagoda Street(宝塔街)は見逃せないスポットとは言えないかもしれませんが、Amoy StreetとClub Streetはカラフルなショップハウスのブティックが並び、要チェックです。通りをさまよい「Willow & Huxley」で世界中から集められたジュエリーやおしゃれなファッションをチェックしてください。オーストラリアブランドの「Staple」からデンマークのブランド「Baum Und Pferdgarten」まで全て揃っています(多少ですがメンズ用の品もあります)。通りを下った「Made by Lauren Jasmine」は、シンガポール人デザイナーHazelとLiyanaがパートナーを組んで手掛けたブティックカフェです。ホットコーヒーを飲みながら、素敵なワンピースを探してみてください。Club StreetにあるApsara Oswalの「Mythology」は、アジアの才能あふれる新鋭デザイナーが活躍できる舞台を提供するというコンセプトで、色や生地使いを強調したスタイルが揃っています。また「Ana」ではオーストラリアのイージーなビーチドレスが店の棚に並んでいます。ここはシンガポール、そしてチャイナタウンと言えば食事です。せっかくチャイナタウンに来たのですから、レストランやクラブ風のカクテルバーを訪れないのはもったいないでしょう。シンガポールで最も洗練されたプラナカン料理を味わえるのが「キャンドルナット(Candlenut)」。あるいは「バーント・エンズ(Burnt Ends)」で、オーストラリア出身のデビッド・ピント(David Pynt)シェフがリンゴとアーモンドの薪を使って調理した料理を試してみるのもいいでしょう。「バーント・エンズ(Burnt Ends)」では、燻製のウズラの卵や、子豚の丸焼きと骨髄のバンズなど、あらゆる食材がバーベキューされ、日替わりメニューが楽しめます。予約できる時間が限られていますので、待ち時間が長くなりそうだったら「ローラ(Lolla)」で絶品のウニプリンをいただくのもおすすめです。(次の日には、もっと食べたいと思うでしょう)その日の締めくくりに、目を引くような奇抜な店が集まる「ポテトヘッド・フォーク(Potato Head Folk)」の最上階でドリンクを楽しむのはいかがでしょうか。地元のひいきが集うバリ風のバーです。























Cross StreetとTelok Ayer Streetに向かい、そこからチャイナタウンの体験が始まります。まずは「Willow & Huxley」が現われ、さらに通りを下ると「Made by Lauren Jasmine」があります。1ブロック西のClub Streetにはおしゃれなブティックが並んでいます。さらに西に曲がると、このエリアで一番おしゃれなレストランやショップが集まっています。

WILLOW & HUXLEY: 所在地:20 Amoy St., 電話:+65-6220-1745, ホームページ:willowandhuxley.com

MADE BY LAUREN JASMINE: 所在地:47 Amoy St., 電話:+65-6423-0626, ホームページ:facebook.com/MadeByLaurenJasmine

MYTHOLOGY: 所在地:88 Club St., 電話:+65-6223-5570, ホームページ:my-thology.com

CANDLENUT: 所在地:331 New Bridge Rd., 電話: +65-8121-4107, ホームページ:candlenut.com.sg

BURNT ENDS: 所在地:20 Teck Lim Rd, 電話:+65-6224-3933, ホームページ:burntends.com.sg

LOLLA: 所在地:22 Ann Siang Rd. , 電話:+65-6423-1228, ホームページ:lolla.com.sg

POTATO HEAD FOLK: 所在地:36 Keong Saik Rd., 電話:+65-6327-1939, ホームページ:pttheadfolk.com