海岸線をサイクリング

singapore

  • そよ風を感じながら自転車でイースト・コースト・パーク(East Cost Park)の海岸線を走り抜ける
  • 創業80年のコーヒーショップで、昔ながらの学生定番の朝食を食べて腹ごしらえ
  • マリーナ・バラージ(Marina Barrage)のダムで、当時の貴重な写真のギャラリーを眺める





マリーナ・ベイからチャンギ・エアポートまで長く続く海岸線にヤシの並木が美しいイースト・コースト・パーク(East Coast Park)では、シンガポール人が太極拳や扇子踊りをしています。自転車でそよ風を受けながら、シンガポールの日常を垣間見るのもおすすめです。日中は暑くなるので、早めに出発するといいでしょう。まずは昔ながらの学生時代の定番朝食、ココナッツミルクジャムとバターをたっぷり使ったカヤトーストで腹ごしらえ。カヤトーストに濃いコーヒーと半熟ゆで卵2個(醤油と白コショウをかけ)を添えるのが定番スタイル。そんな定番が食べられるおすすめのお店が「Chin Mee Chin Confectionary」。シンガポールの伝統的な朝食を提供するコピティアムと呼ばれるスタイルのコーヒーショップです。今ではこうしたスタイルの店を見かけることは少なくなりましたが、この店は80年前から同じ場所に店を構えています。その後、「12 Cycle」で自転車を借りて西のマリーナ・ベイに向かって自転車をこいでいきましょう。海に出ると、港に停泊するために並んだ貨物船がどこまでも続いています。しばらくすると、イースト・コースト・パーク(East Coast Park)とマリーナ・バラージ(Marina Barrage)をつなぐ新しい橋のアーチが見えてくるでしょう。マリーナ・バラージ(Marina Barrage)は、マリーナ海峡と河口の間に建設されたダムで、らせん形状の緑の屋根に覆われています。内部は小さなギャラリーとして、都市国家シンガポールの環境や水保全の取り組みが詳しく紹介されています。1960年のシンガポール川の写真は当時を物語っており驚きです。エアコンの効いた室内でしばしクールダウンしたら、屋上へ。凧揚げをしている姿や、ウェディングの写真撮影をしているカップルもいます。高さ50メートルのスーパーツリーやマリーナ・ベイ・サンズのタワーなど今話題の建物を背景に写真が撮れるスポットです。























「Chin Mee Chin Confectionery」の朝食でさわやかな一日が始まります。お店はEast Coast RoadとStill Roadの交差点東側から数ブロックのわかりやすい場所にあります。そこから南へまっすぐ歩くと「12 Cycle」というお店があります。鮮やかな緑の看板、そしてずらりと並んだ自転車が目立つのですぐに見つかります。そこから海岸線に出て、マリーナ・バラージ(Marina Barrage)のダムまでペダルをこぎましょう。

CHIN MEE CHIN CONFECTIONARY: 所在地:204 East Coast Rd., 電話: +65-6345-0419, ホームページ:facebook.com/pages/Chin-Mee-Chin-Confectionery

12 CYCLE: 所在地:B/80 Marine Parade Central #01-786, 電話:+65-6345-7112, ホームページ:12cycle.com.sg

MARINA BARRAGE: 所在地:8 Marina Gardens Dr., 電話: +65-6514-5959, ホームページ:pub.gov.sg/marina














海岸線をサイクリング

海岸線をサイクリング

singapore

  • そよ風を感じながら自転車でイースト・コースト・パーク(East Cost Park)の海岸線を走り抜ける
  • 創業80年のコーヒーショップで、昔ながらの学生定番の朝食を食べて腹ごしらえ
  • マリーナ・バラージ(Marina Barrage)のダムで、当時の貴重な写真のギャラリーを眺める





マリーナ・ベイからチャンギ・エアポートまで長く続く海岸線にヤシの並木が美しいイースト・コースト・パーク(East Coast Park)では、シンガポール人が太極拳や扇子踊りをしています。自転車でそよ風を受けながら、シンガポールの日常を垣間見るのもおすすめです。日中は暑くなるので、早めに出発するといいでしょう。まずは昔ながらの学生時代の定番朝食、ココナッツミルクジャムとバターをたっぷり使ったカヤトーストで腹ごしらえ。カヤトーストに濃いコーヒーと半熟ゆで卵2個(醤油と白コショウをかけ)を添えるのが定番スタイル。そんな定番が食べられるおすすめのお店が「Chin Mee Chin Confectionary」。シンガポールの伝統的な朝食を提供するコピティアムと呼ばれるスタイルのコーヒーショップです。今ではこうしたスタイルの店を見かけることは少なくなりましたが、この店は80年前から同じ場所に店を構えています。その後、「12 Cycle」で自転車を借りて西のマリーナ・ベイに向かって自転車をこいでいきましょう。海に出ると、港に停泊するために並んだ貨物船がどこまでも続いています。しばらくすると、イースト・コースト・パーク(East Coast Park)とマリーナ・バラージ(Marina Barrage)をつなぐ新しい橋のアーチが見えてくるでしょう。マリーナ・バラージ(Marina Barrage)は、マリーナ海峡と河口の間に建設されたダムで、らせん形状の緑の屋根に覆われています。内部は小さなギャラリーとして、都市国家シンガポールの環境や水保全の取り組みが詳しく紹介されています。1960年のシンガポール川の写真は当時を物語っており驚きです。エアコンの効いた室内でしばしクールダウンしたら、屋上へ。凧揚げをしている姿や、ウェディングの写真撮影をしているカップルもいます。高さ50メートルのスーパーツリーやマリーナ・ベイ・サンズのタワーなど今話題の建物を背景に写真が撮れるスポットです。























「Chin Mee Chin Confectionery」の朝食でさわやかな一日が始まります。お店はEast Coast RoadとStill Roadの交差点東側から数ブロックのわかりやすい場所にあります。そこから南へまっすぐ歩くと「12 Cycle」というお店があります。鮮やかな緑の看板、そしてずらりと並んだ自転車が目立つのですぐに見つかります。そこから海岸線に出て、マリーナ・バラージ(Marina Barrage)のダムまでペダルをこぎましょう。

CHIN MEE CHIN CONFECTIONARY: 所在地:204 East Coast Rd., 電話: +65-6345-0419, ホームページ:facebook.com/pages/Chin-Mee-Chin-Confectionery

12 CYCLE: 所在地:B/80 Marine Parade Central #01-786, 電話:+65-6345-7112, ホームページ:12cycle.com.sg

MARINA BARRAGE: 所在地:8 Marina Gardens Dr., 電話: +65-6514-5959, ホームページ:pub.gov.sg/marina