植民地時代の歴史に触れる

singapore

  • シンガポールの先住民、プラナカンの生活を近くからのぞいてみる
  • ローカルな美術館でガイドと共に、あるいはひとりで歴史ある展示品の数々に触れる
  • ベルギー人デザイナーのお店を訪れ、会員専用ポロクラブのテラスでドリンクを飲む





かつて海峡華人(プラナカン・チャイニーズ)が住んでいた先祖の家は現在、海峡華人の歴史と文化を理解し、回顧・調査するための貴重な遺産的施設になっています。1920年代の海峡華人の住宅を見学してみてください。ウィー一族(以前の住宅所有者)や他の一族が寄贈した調度品の数々に思わず目を奪われることでしょう。シンガポール国立大学が管理運営するババ・ハウス(NUS Baba House)では、工芸品が使われていた当時の場所で展示されています。予約チケットを入手できなかった場合には、代わりに「プラナカン博物館(Peranakan Museum)」へ足を運ぶといいでしょう。ビーズ刺繍のあしらわれた室内履きや先祖の祭壇、婚礼に使用する部屋まで、幅広い展示を見ることができます。その後はタクシーに乗り、ベルギー人オーナーによるショップ「House of Anli」へと向かいましょう。店内にはオーナーがデザインした照明の他、テーブルウェアやランタン、生活インテリアなど、持ち帰りたいような品々ばかりです。今住んでいる場所を引き払って、シンガポールに移り住みたいと夢見てしまうのではないでしょうか。そのあとは、ポロ乗馬クラブ「シンガポール・ポロクラブ(Singapore Polo Club)」のテラスでジントニックはいかがでしょうか。レストランの天井にはファンが物憂げに回り、厩舎にいるポロ競技用ポニーがあなたを迎えてくれます。会員のみの施設ですが、月曜から金曜日までは会員以外の人も食事ができるというのは一部だけの秘密です。























New Bridge Roadを下り、曲がってNeil Roadに出ます。道沿いに見える鮮やかな青い建物がババ・ハウス(Baba House)です。そこからはタクシーに乗り、Loke Yew StreetとArmenian Streetの交差点まで来れば、プラナカン博物館(Peranakan Museum)に到着です。「シンガポール・ポロクラブ(Singapore Polo Club)」に行くには、Mount Pleasant Roadに突き当たるまでThomson Roadを下ります。そうするとテラスバーのある乗馬センターが見えてきます。

BABA HOUSE: 所在地:157 Neil Rd., 電話: +65-6227-5731, ホームページ:nus.edu.sg/cfa/museum/about.php

PERANAKAN MUSEUM: 所在地:39 Armenian St., 電話: +65-6332-7591, ホームページ:peranakanmuseum.org.sg

HOUSE OF ANLI: 所在地:163 Tanglin Road, #03-13, 電話:+65-6235-3851, ホームページ:houseofanli.com

SINGAPORE POLO CLUB: 所在地:80 Mount Pleasant Road, 電話:+65-6854-3999, ホームページ:singaporepoloclub.org














植民地時代の歴史に触れる

植民地時代の歴史に触れる

singapore

  • シンガポールの先住民、プラナカンの生活を近くからのぞいてみる
  • ローカルな美術館でガイドと共に、あるいはひとりで歴史ある展示品の数々に触れる
  • ベルギー人デザイナーのお店を訪れ、会員専用ポロクラブのテラスでドリンクを飲む





かつて海峡華人(プラナカン・チャイニーズ)が住んでいた先祖の家は現在、海峡華人の歴史と文化を理解し、回顧・調査するための貴重な遺産的施設になっています。1920年代の海峡華人の住宅を見学してみてください。ウィー一族(以前の住宅所有者)や他の一族が寄贈した調度品の数々に思わず目を奪われることでしょう。シンガポール国立大学が管理運営するババ・ハウス(NUS Baba House)では、工芸品が使われていた当時の場所で展示されています。予約チケットを入手できなかった場合には、代わりに「プラナカン博物館(Peranakan Museum)」へ足を運ぶといいでしょう。ビーズ刺繍のあしらわれた室内履きや先祖の祭壇、婚礼に使用する部屋まで、幅広い展示を見ることができます。その後はタクシーに乗り、ベルギー人オーナーによるショップ「House of Anli」へと向かいましょう。店内にはオーナーがデザインした照明の他、テーブルウェアやランタン、生活インテリアなど、持ち帰りたいような品々ばかりです。今住んでいる場所を引き払って、シンガポールに移り住みたいと夢見てしまうのではないでしょうか。そのあとは、ポロ乗馬クラブ「シンガポール・ポロクラブ(Singapore Polo Club)」のテラスでジントニックはいかがでしょうか。レストランの天井にはファンが物憂げに回り、厩舎にいるポロ競技用ポニーがあなたを迎えてくれます。会員のみの施設ですが、月曜から金曜日までは会員以外の人も食事ができるというのは一部だけの秘密です。























New Bridge Roadを下り、曲がってNeil Roadに出ます。道沿いに見える鮮やかな青い建物がババ・ハウス(Baba House)です。そこからはタクシーに乗り、Loke Yew StreetとArmenian Streetの交差点まで来れば、プラナカン博物館(Peranakan Museum)に到着です。「シンガポール・ポロクラブ(Singapore Polo Club)」に行くには、Mount Pleasant Roadに突き当たるまでThomson Roadを下ります。そうするとテラスバーのある乗馬センターが見えてきます。

BABA HOUSE: 所在地:157 Neil Rd., 電話: +65-6227-5731, ホームページ:nus.edu.sg/cfa/museum/about.php

PERANAKAN MUSEUM: 所在地:39 Armenian St., 電話: +65-6332-7591, ホームページ:peranakanmuseum.org.sg

HOUSE OF ANLI: 所在地:163 Tanglin Road, #03-13, 電話:+65-6235-3851, ホームページ:houseofanli.com

SINGAPORE POLO CLUB: 所在地:80 Mount Pleasant Road, 電話:+65-6854-3999, ホームページ:singaporepoloclub.org