過去から現在への散歩

singapore

  • 歴史的建物の中でアジア各地から集められた芸術品を鑑賞する
  • シンガポールで今注目を浴びる、最も現代的な新美術館に足を運ぶ
  • ルーフテラスバーで広大な景色を眺めながら牡蠣や小皿料理を味わう





シンガポールで最も印象的な植民地時代の建築物は、North Bridge RoadからFullerton Roadまでのシンガポール川沿いに密集しています。シンガポールで最初の国会議事堂としての役目を果たした築200年の建物には現在「アート・ハウス(The Arts House)」となっています。歴史的価値のあるこの建物では文学、映画、ビジュアルアートや演劇など、様々なジャンルのプログラムやフェスティバルが開催されています。また、優雅に佇んでいる建物は「アジア文明博物館(Asian Civilisations Museum)」で、ここには仏像や水彩画などが展示されています。もともと1980年後半まで政府庁舎だった複数の建物が博物館として利用され、現在、中国、インド、イエメン、インドネシアなどアジア各地の芸術品が幅広く展示されています。1カ所しか博物館を見る時間がないという方は、ぜひナショナル・ギャラリー(National Gallery)を訪れてください。円柱が美しい旧市庁舎とドーム屋根の旧最高裁判所を改修して作られた、2015年11月開館予定の新しい美術館です。改修デザインはシンガポールの「Studio Milou」が手掛け、旧市庁舎と旧最高裁判所がガラスに覆われた優美な天蓋(屋根)とスカイブリッジと呼ばれる歩行者用の空中通路によって結ばれ、建物内部の広い吹き抜け空間には木を連想させる支柱のオブジェが配置されています。ここには、シンガポールや東南アジアの世界最大の現代アートコレクションが収蔵されます。欧米の方たちにはまだなじみの薄いWu Peng SengやIsmail Zain、Kim Limなどの作品が多く展示されているので、きっと新たな発見ができるでしょう。芸術鑑賞以外にも、芝生の美しいパダン広場を望む美しい空間は足を運ぶ価値があります。景色のよい歩行者専用のカベナ橋(Cavenagh Bridge)の散歩を楽しんだ後は、オープンエア・バーの「サウスブリッジ(Southbridge)」で牡蠣や小皿料理はいかがでしょうか。都会の真ん中の眺めのよい屋上で飲むカクテルは格別です。













シンガポールのアート・ハウス(The Arts House)は、パーラメント・プレイス(Parliament Place)を少し外れた、シンガポール川沿いにあります。そこからすぐ道を曲がった先にアジア文明博物館があります。Old Parliament Laneを下って見えてくる白と黄色の歴史的建造物が博物館です。同じエリアにあるシンガポール・ナショナルギャラリー(National Gallery of Singapore)は、St. Andrew’s Roadを北に進んですぐのところにあります。最後に、カベナ橋(Cavenagh Bridge)を歩いて渡ると5階の建物の屋上に「サウスブリッジ(Southbridge)」があります。

THE ARTS HOUSE: 所在地:1 Old Parliament Lane, 電話:+65-6332-6900, ホームページ:theartshouse.sg

ASIAN CIVILISATIONS MUSEUM: 所在地:1 Empress Place, 電話:+65-6332-7798, ホームページ:acm.org.sg

NATIONAL GALLERY: 所在地:1 St. Andrew’s Rd., 電話:+65-6690-9400, ホームページ:nationalgallery.sg

SOUTHBRIDGE: 所在地:80 Boat Quay, 電話:+65-6877-6965, ホームページ:southbridge.sg














過去から現在への散歩

過去から現在への散歩

singapore

  • 歴史的建物の中でアジア各地から集められた芸術品を鑑賞する
  • シンガポールで今注目を浴びる、最も現代的な新美術館に足を運ぶ
  • ルーフテラスバーで広大な景色を眺めながら牡蠣や小皿料理を味わう





シンガポールで最も印象的な植民地時代の建築物は、North Bridge RoadからFullerton Roadまでのシンガポール川沿いに密集しています。シンガポールで最初の国会議事堂としての役目を果たした築200年の建物には現在「アート・ハウス(The Arts House)」となっています。歴史的価値のあるこの建物では文学、映画、ビジュアルアートや演劇など、様々なジャンルのプログラムやフェスティバルが開催されています。また、優雅に佇んでいる建物は「アジア文明博物館(Asian Civilisations Museum)」で、ここには仏像や水彩画などが展示されています。もともと1980年後半まで政府庁舎だった複数の建物が博物館として利用され、現在、中国、インド、イエメン、インドネシアなどアジア各地の芸術品が幅広く展示されています。1カ所しか博物館を見る時間がないという方は、ぜひナショナル・ギャラリー(National Gallery)を訪れてください。円柱が美しい旧市庁舎とドーム屋根の旧最高裁判所を改修して作られた、2015年11月開館予定の新しい美術館です。改修デザインはシンガポールの「Studio Milou」が手掛け、旧市庁舎と旧最高裁判所がガラスに覆われた優美な天蓋(屋根)とスカイブリッジと呼ばれる歩行者用の空中通路によって結ばれ、建物内部の広い吹き抜け空間には木を連想させる支柱のオブジェが配置されています。ここには、シンガポールや東南アジアの世界最大の現代アートコレクションが収蔵されます。欧米の方たちにはまだなじみの薄いWu Peng SengやIsmail Zain、Kim Limなどの作品が多く展示されているので、きっと新たな発見ができるでしょう。芸術鑑賞以外にも、芝生の美しいパダン広場を望む美しい空間は足を運ぶ価値があります。景色のよい歩行者専用のカベナ橋(Cavenagh Bridge)の散歩を楽しんだ後は、オープンエア・バーの「サウスブリッジ(Southbridge)」で牡蠣や小皿料理はいかがでしょうか。都会の真ん中の眺めのよい屋上で飲むカクテルは格別です。













シンガポールのアート・ハウス(The Arts House)は、パーラメント・プレイス(Parliament Place)を少し外れた、シンガポール川沿いにあります。そこからすぐ道を曲がった先にアジア文明博物館があります。Old Parliament Laneを下って見えてくる白と黄色の歴史的建造物が博物館です。同じエリアにあるシンガポール・ナショナルギャラリー(National Gallery of Singapore)は、St. Andrew’s Roadを北に進んですぐのところにあります。最後に、カベナ橋(Cavenagh Bridge)を歩いて渡ると5階の建物の屋上に「サウスブリッジ(Southbridge)」があります。

THE ARTS HOUSE: 所在地:1 Old Parliament Lane, 電話:+65-6332-6900, ホームページ:theartshouse.sg

ASIAN CIVILISATIONS MUSEUM: 所在地:1 Empress Place, 電話:+65-6332-7798, ホームページ:acm.org.sg

NATIONAL GALLERY: 所在地:1 St. Andrew’s Rd., 電話:+65-6690-9400, ホームページ:nationalgallery.sg

SOUTHBRIDGE: 所在地:80 Boat Quay, 電話:+65-6877-6965, ホームページ:southbridge.sg